事務作業を減らす|給与計算ソフトの魅力ってなに

スーツの人達
背広の人

ソフトを活用する

組織の構成などを分析し、業務改善を行なおうとするものが組織診断である。組織診断ソフトでは、専門家が行う分析をシステム上で行ってもらうことができる。その結果を活用することで、効率の良い人員配置にしていくことができる。

ASSOCIATED LINK

  • desknet's NEO

    業務で必要な申請書をペーパーレス化しませんか。それなら、ワークフローシステムを導入しよう。オンラインデモで使い勝手を確かめよう。

業務量を減らそう

システム

かなり楽になります

給与計算にはいろいろな知識が必要になってきます。単に雇用契約で決められた給与額を支払えばよいというものではありません。厚生年金保険や健康保険料、雇用保険、住民税などを差し引いたうえで、給料を支払います。また、毎月の作業の他に、年末調整や社会事務所に提出する算定基礎届、労働基準監督署に提出する労働保険年度更新申告書等の作成も関わってきます。これらの作業を手計算で行うとなると、細かい知識も必要ですし、時間もかなり必要になってきます。小零細企業の中には、給与計算を未だに手作業でやっていたり、税理士に任せたりしているところもありますが、思い切って給与計算ソフトを導入してしまいましょう。給与計算ソフトを導入してしまえば、社厚生年金保険や健康保険料の計算は自動となります。そして、これらの情報に基づいて算定基礎届や年末調整における源泉徴収票等も自動で作成されます。さらには、従業員の給与振込口座をあらかじめ入力しておけば、給与計算ソフトのデータをそのまま銀行振込の手続きにも活用することができます。給与計算ソフトは安いものであれば、年間で数万円程度で利用することができます。上手に使いこなすことができれば、給与計算ソフトを導入するために支払ったコストに対して、得られる業務削減効果はかなりのものです。まずは、実際に給与計算ソフトに触れることから始めてみましょう。今までの仕事が圧倒的に楽になったと実感できます。

男の人

仕事でチャットを導入する

ビジネスにおいての連絡手段としては電話や電子メールなどがありますが、スマホのチャットアプリを利用するのも増えています。特にチャットアプリの場合には他者に見られる心配がなく安心ですし、また一定のグループ内で一度に情報を共有するという点でもメリットがあります。

男の人

簡単さが売り

企業におけるマニュアルの重要性は非常に高くなっていますが、その工数負荷により後回しにされるケースが多くなっています。マニュアル作成ソフトを利用することでこの懸念を解決することが可能になります。簡単に作成や修正が可能なのです。